タッチスイッチ/メンブレンスイッチの開発・設計・製造・販売

お気軽にお問い合わせください。 Tel.0246-89-2014

静電容量タッチスイッチ

特徴

検出原理

センサ駆動端子Aとセンサ入力端子Bの間に容量(電気力線)を生成します。
指をセンサ入力端子Bに近づけると電気力線が減少し、容量が変化します。
この容量変化が判定しきい値を超える、超えないでスイッチのON/OFFを判定します。

構造

PR動画